女性に人気の医療系の資格

就職に有利という理由から医療系の資格は女性に人気の高いものです。看護師や臨床検査技師、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの医療技術職は大学・短大または専門学校などで通常は3年以上、専門の教育を受けて国家試験に合格しなければなりません。一方で、医療事務や医療秘書などは民間企業の講座を受講したり、通信講座でも資格取得が可能です。医療秘書は医療クラークとよばれることもあり、医師の仕事のうち医療行為以外の部分、カルテ記録や診断書作成などの事務的な仕事をサポートする仕事で、医療系の職種では新しいものです。

スキル

医療系のスキルの種類

医療系の資格には、医師、看護師、薬剤師、歯科医師などの国家系のものとそうでないものがあります。病院で行われる、医師の診療以外の補助的業務をすることができるのが、医療系の助手や事務の仕事です。例えば、受付やカルテの整理などをする医療事務は、長く続けられるため女性にも人気が高まっています。また、歯科衛生士は、診療補助のほか、予防処置や保健的指導を行い、歯科医師をサポートします。ほかに、医療の現場では検査の専門家である検査技師や、理学療法士などリハビリの専門家、そして臨床心理士など精神医療に関する仕事の資格などがあります。いずれも、命や健康にたずさわるやりがいのある仕事です。

一生役に立つ資格情報

© 仕事に繋がる資格について. All rights reserved.